イノセンス

今日は親が出かけていて
超 幸せな日だった~

ひさびさに生きてるかんじ。。。

朝起きて~洗濯して~掃除して~
ああ、なんて一人って素敵
なんて思ってた

ずっと見過ごしてた押井守監督のイノセンスを借りてみた。

なんか見てるうちに
雑誌の風の旅人に載ってた、
人工心臓を移植されてるの写真が浮かんできた

なかなかすごい写真で、

おなかに痛痛しい傷あとを持った羊が
ガラス張りのハコに
何百本もあるだろうに繋がれて

平然としている写真。

なんかその
普通じゃなかった

目が人形みたいで、お笑いのコントやってるみたいに
わざとらしいくらいキチンとした顔つきをしてた。

羊はしゃべったりできないから
頭イカレテても、すごい苦しくても
データ上うまくってたら、「これで人工心臓の実験は成功だ」
とかなるのかな?

イノセンスの中でも、
人形(アンドロイド)にされそうな女の子が
「だって人形になりたくなかったんだもん!」て叫ぶとこがあって、

そこで、勇敢であり、美しく在る草薙素子
「人形(アンドロイド)もしゃべれていたら、人間になんてなりたくなかったっていうでしょうね」という。



羊・・・人間に作られた心臓
人間・・・・機械によって生活を支えられている
草薙素子・・・正論


森博嗣 のナバテア/ダウンツヘブン・シリーズに登場
してくる
草薙水素に草薙素子のキャラクターがかぶてる。

モデルにしたのかな。
とか思ってみたり
[PR]
by genmei_mina | 2007-04-29 21:33 | 映画
<< su rainig >>