lightning

昨日
TOEICの試験監督のバイトしてきた
面白かった~
でもバイト代はいるまで
電車代もないー泣

ふわーーーーーーーー!

そうそう『ハチミツとクローバー』DVD観た
地元の戸越公園が撮影場所に使われてた
最近多摩センもよくドラマでみかけるなぁ
[PR]
# by genmei_mina | 2007-01-15 17:30 | 日常

福袋

f0114876_1571156.jpgこの間、
バイト帰りに 原宿に寄ったんだけど、

裏原すっごい人混みで、
なんだ?なんだ?と思ってたら、

福袋目当ての男の子達だった。

彼らの手には何個も
ショップの袋が。

しかも、なんかヒトだかりの
激しいとこがあって、

よく見たら、外人5,6人の集団。
通訳らしきヒトと、カメラマンらしきヒト。
なんかミュージシャンっぽかったけど、
そーゆーのに、
疎いので、全然わかりましぇん

久しぶりにRojoに行ったら、
「わ~~超久しぶりだね~~~~~」とか店員さんと
再会。
夏以来だったから、まじ久しぶりなんだけど、
お店の改装と、新しいメーカーがいっぱい入って、

なんか前よりパワーアップしてた。
でもお店に顔出しただけで帰宅ー


今日は台場に映画見に行くぜよ
[PR]
# by genmei_mina | 2007-01-07 14:57 | 日常

ピーターパン症候群

f0114876_20443736.jpg


飛びたいとも思わなくなった。

処理能力が鈍重になっているのに、口数だけが増えてゆく。
大人になるとはそういうことだ。


飛べる大人。大人のフリをした子供だ。

子供で居よう。


いつまでも空を舞うのだ。


少しでも光のそばに。





























[PR]
# by genmei_mina | 2007-01-05 20:49 | 日常

フランキー・ワイルドの素晴らしき世界

f0114876_21275416.jpg
『フランキー・ワイルドの素晴らしき世界』

[ 2006年12月23日公開 ]
地中海に浮かぶイビサ島は、高級リゾートであると同時に、人気クラブが軒を連ねるクラバーたちの聖地だ。今夜も興奮が最高潮に達した頃、姿を現すフランキー・ワイルド。独自のスタイルと神業的プレイで、ヨーロッパはもとより世界中にその名を轟かせているカリスマDJ兼音楽プロデューサーだ。富と名声にどっぷりと浸かったフランキーの暮らしだったが、そんな生活も長くは続かなかった。生まれつき聴覚の弱かったフランキーは、少しずつ聴力を失いつつあったのだ……。

トロント映画祭をはじめ、各国の映画祭で観客を虜にしたという本作は、天才ミュージシャン、フランキー・ワイルドの転落から復活までを描いたもの。彼のキャラクターは実在する複数のミュージシャンのエピソードをもとに生み出された人物で、ブライアン・ウィルソンなどがそのモデルとなっているのだそうだ。ビョークらを手掛けたグラハム・マッセイの音楽や、人気DJの出演など、音楽映画として楽しめるのはもちろんだが、ひとりの青年の人間ドラマとしても十分見応えがある。

シネ・アミューズにて

引用
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD9897/story.html


たまには感動したいよね
[PR]
# by genmei_mina | 2007-01-03 21:29 | 映画

お正月2007年

あけましておめでとうございます。

2007年になりました。
年越しの瞬間は 
ガキの使い笑ってはいけない警察24時を見て
知らないうちに12時回ってました。

今日はお台場まで散歩ー日の出を拝むかーと思ってたものの、
拝めたものは日没。
レインボーブリッジ歩いてきましたー
なんて平和なお正月。partyへも行きません。
やっと正月も終わってくれて
かなり安心。一年で一番「年越し」と「正月」が嫌い。
早く終わってくれ~といつも半泣き。
はぁて派遣のバイトでもやるかぁ~♪
f0114876_21514363.jpg

[PR]
# by genmei_mina | 2007-01-01 21:51 | 日常

fire

f0114876_21313418.jpg





写真を整理してたら懐かしいものが。
たくさん焚き火を囲んだなぁ

でもここまで焚き火が似合うヒトって
そうそういない。苦笑
[PR]
# by genmei_mina | 2006-12-17 21:33 | 日常

pray

f0114876_16193815.jpg
戦争を知らない大人たちに捧げよう。
     彼らの過ちは、三つある。
  子供たちが自分たちから生まれたと信じている。
  子供たちより多くを知っていると思い込んでいる。
子供たちがいずれ自分達と同じものになると願っている。
     それら妄想馬鹿馬鹿しさといったら、
       戦争よりも悲惨なのだから。

スカイ・クロラ 森博嗣
[PR]
# by genmei_mina | 2006-12-16 16:24 | 日常

水槽

f0114876_15562683.jpg









人間は、社会という名前の水槽の中で、安全平和に縋って生きている。
水槽の中で生まれ、水槽の中で育った人間に、どうして、外のことがわかるだろう
否、わかる。
それがわかるのが、人ではないか。
子供のときから、すべての人間は、外を知っている。本当の自由を予感している。
だからこそ、大空へ飛び出してく者がいるのだ。
子供はみんな、を飛ぶを見るのだ。
飛べるようになるまで、
あるいは、
飛べないと諦めるまで
ダウン・ツ・ヘヴン 森博嗣
[PR]
# by genmei_mina | 2006-12-16 15:58 | 日常